アクセスマップAccess Map

マロンの樹の取り組み! くまもとグリーン農業

マロンの樹はグリーン農業を推進しています!

マロンの樹の自己循環型レストランとしてのコンセプト。
目的は少しだけ地球に優しいエコシステム。
この浄化槽の特質するべき点は、エコシステムであることです。
大小の微生物を組み合わせることによって、 人が出す排泄物や
厨房から流れ出る排水を腐敗する前に処理してしまうことにあります。

本来浄化槽は、1ミリにも満たない微生物を使うことによって糞尿を処理し、
きれいになった水のみを放流する目的があります。
このときに残る糞等を産廃業者に引き取ってもらってます。

当施設では、最初に排泄された人糞を裏山に住む小さなタニシに処理してもらい、
タニシから排泄される糞を小さなミジンコに処理してもらうことにしました。
このことによって、人糞やパルプから作られるペーパーも無くなってしまいます。
浄化槽に潜ったところ残るのは、ミジンコの糞、タニシの殻くらいでした。
なぜか、ビニール袋やオムツは処理されずに残ってました。
使用頻度にもよりますが、数年間は廃棄業者のお世話にならなくてすみそうです。

ランニングコストを抑えられ、産廃業者が汲み取りに来ない分車の排気ガス汚染も減り、
自前の肥料で肥料代が安く抑えられるなどなどのエコが期待できます。
ただし、定期点検は受ける必要があります。浄化槽装置が壊れてしまっては意味がありませんので。

最後に、大量に作ることはできませんが、このようにして作り上げた有機野菜を
遊びに来られたお客様に提供できたらと思っています。

グリーン農業とは・・・
土づくりをして、化学合成された肥料や農薬をできるだけ使わない”環境に配慮した農業”のことです。
熊本県では「くまもとグリーン農業」と呼んでいます。詳しくは、
くまもとグリーン農業へどうぞ。

マロンの樹風景



阿蘇マロンの樹のレストランでは有機肥料で自家栽培した野菜をご提供します。


人体からの排泄物や厨房からの米の研ぎ汁等を有機肥料化し畑に還元します。


画像は実際に排泄されたものを溜め込む浄化槽です。


浄化槽には施設の裏山に住み着くタニシを飼育し、流れ込んでくる排泄物の処理(捕食)をしてもらいます。
この時点で、人体からの排泄物はほとんど無くなります。


排泄物を処理(捕食)したあとには、タニシからの排泄物が発生します。
その排泄物を今度は山の水溜りに住み着くミジンコによって処理してもらいます。
ミジンコはストレスに非常に弱いため、エアーを送り元気な状態を保ちます。
家庭の水槽にエアーを送り込み魚を元気に飼育する原理と一緒です。


排泄物は浄化槽内を循環するうちに、無色透明な有機肥料へ変わります。
※当施設では有機肥料として使えるようになるまでに5年の時間が掛かりました。

⑦⑧⑨

最初に有機肥料と、薪ストーブ等から出る灰や栗の木の落葉等を一緒に混ぜ込み土作りから始めていきます。


土作りが終わり、野菜が育成を始めたら、追肥として有機肥料を散布します。

⑪⑫

地力があるためか、比較的害虫からの被害も少なく無農薬で提供しています。


水質に関しては、浄化槽法により毎月1回法定検査を受けています。

ドッグレストラン 阿蘇マロンの樹のご利用に関しましてはお気軽にお問合せくださいませ。

ページ最上部へ